話題のダイエット

2013年01月19日

アフィリエイトとクッキー

アフィリエイトにおけるクッキーとは、
アフィリエイターがサイトに広告を貼り付けて、
ユーザーがその広告をクリックした場合に、

ユーザーのパソコンにアフィリエイターの識別情報
(どのアフィリエイター経由でクリックしたか?)を
保存させる仕組みのことです。

このアフィリエイターの識別情報には、
アフィリエイターIDが含まれているので、

ユーザーが購入(申込)を完了させると、
該当IDのアフィリエイターに報酬が発生します。

ここで重要なのは、アフィリエイトのクッキーは、常に上書きされて
最新上書き分が報酬発生時に有効とされてしまうという点です。

例えば、ある特定の商品を購入する時に
アフィリエイターA → アフィリエイターB → アフィリエイターCの順番で
広告をクリックした場合にアフィリエイターCが最新上書き分になります。

ということは、ユーザーが商品を知ったきっかけはアフィリエイターAの情報にも関わらず、
報酬はアフィリエイターCに入ってしまうということになるのです。

ということは、効率的にアフィリエイト報酬を稼ぐためには、
自分のサイトに設置している広告を
最終クリック分としてユーザーに商品を購入させる必要があります。

また、クッキーには有効期間があります。
ほとんどのASPは、クッキーの有効期間を30日にしています。

つまり、クッキーをもったユーザーが30日に以内に購入(申 込)をすれば、
報酬が発生する仕組みです。

クッキーの有効期間が極端に短いASPもあり、Amazonは24時間です。

情報商材のアフィリエイトを始めるには、
インフォトップやインフォカートといったASPを利用することになります。

両方に商品が登録されている場合は、
初心者のうちはインフォカートを使った方がいいです。

これは、インフォトップとインフォカートの、
クッキーの仕組みの違いによるものです。

クッキーには持続性という性質があり、
その時売れずに数日後購入に至ってもクッキーの持続が維持している間は、
あなたの報酬としてカウントせれますが、
実はこのクッキーの効果はASPによって持続の仕様が異なります。

インフォトップとインフォカートのクッキーの性質を比べると

1.インフォトップとインフォカート共にクッキーは30日間 有効です

2.クッキーは一番最後に付加したものが有効となります

(例えば訪問者があなたのアフィリエイトリンクをクリックした後に
別の人のアフィリエイトリンクをクリックすると
クッキーはその人のものに書き換えられるわけです)

3.インフォトップでは一度クッキーを踏ませると
  インフォトップにある全ての商品のクッキーがあなたのものに上書きされます


(あなたが訪問者に商材Aのクッキーを踏ませた後
訪問者が別の商材Bを購入した場合
商材Bがあなたのものになります)

4.インフォカートではクッキーの上書きは
  同一の販売者の商品のみしかおこなわれません


(あなたが商材Aを紹介してその後訪問者が商材Bを購入した場合
商材Bの販売者が商材Aの販売者と異なる場合は
その報酬があなたに支払われる事はありません)

一見、インフォカートよりインフォトップの方が有利なように思えます。

しかし、今のアフィリエイト業界には不特定多数の人に
とにかくアフィリエイトリンクを踏ませようとしている人がかなりの人数います。

毎日メルマガを発行して読者数が数万件のメールマガジンも多 数存在します。

あなたのアフィリエイトリンクを踏んだ読者の多くは
その次の瞬間には他の人のアフィリエイトリンクを踏んで
クッキーが上書きされている可能性がかなり高いということです。

クッキーは30日有効でも、その場で購入してもらえなければ、
クッキーは1日も持たないのが現状です。

インフォトップではそれくらい頻度にクッキーの上書きがされています。
一方、インフォカートではクッキーを上書きされる可能性は極端に少ないです。
だから両方に商品が登録されている場合は、

初心者のうちはインフォカートがオススメです。


ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート
posted by miki at 18:05| 愛知 ☀| Comment(0) | アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。